お知らせ・新着情報

市場調査のポイントと調査のステップ

2016年 6月 22日

市場調査のポイントと調査のステップ

市場調査の重要性の高まり

現在は過去と比べて取得できるデータの量・種類ともに増え、分析スピードも上がったこと、企業の競争環境が激化しており、消費者の価値観が多様化したことや売り手目線の主観に頼った取り組みをするだけでは生き残りづらい環境になっております。

市場調査データの活用で効果的な広告・販促活動ができる!

市場調査を活用すれば、さまざまな情報が得られます。例えば、

・集中的に販促活動をするべきターゲットは誰か
・最適な広告手段は何か
・ターゲットはどこにいるのか

などが分かります。市場調査を有効活用して、より効果的な広告・販促活動を行うことが可能になります。

市場調査とは

そもそも、市場調査とは、商品の販売促進、新製品の開発などマーケティング活動全般について、企業の意思決定に役立てるために、市場・製品・価格・広告・販売・販売経路などに関する情報を収集・分析することです。

つまり、消費者が本当に望んでいるもの、本当に魅力を感じていただけるものを作り、販売するために情報を科学的に集め、分析し、商品計画に反映させていくことが市場調査です。

市場調査の効果

売り手が買い手に対してサービスや商品を提供する際に買い手のことを調べ、買い手にあったものを提供できるようにするのが目的です。買い手からすれば自分に合ったものが手に入るので利用する価値が高まりますし、売り手からすれば無駄なものを省けるのでコスト削減に繋がります。

市場調査の実施方法
ステップ1 調査目的の明確化

市場調査においてまず重要なのは、市場調査の目的が明確に定められていることです。
目的が不明瞭なまま市場調査を進めると、調査の軸がぶれて解釈が困難になったり、調査そのものに過剰に時間をかけてしまったりなど問題が生じてしまいます。目的をしっかりと定めてから、市場調査を行いましょう。

ステップ2 目的に必要なデータを選定

市場調査のデータは、データ分析の目的に合わせて必要なデータだけを使うことが重要です。
できるだけ多くのデータを使って分析したほうがよい分析結果が得られるのではと思いがちです。しかし不要なデータを分析に含めると、データ量が過剰になって時間を浪費したり、誤った解釈をしてしまうこともあります。データ分析の目的にあったデータの選別を行いましょう。

ステップ3 情報の収集・精査

情報の収集ではどこから行うか、どのように調査を行うかという事が重要になります。そして、集めたデータをもとに調査の目的と照らし合わせて情報を精査して意思決定に利用します。

国勢調査や家計調査のデータ活用のポイント

市場調査データについて、自身で調査することは困難です。国勢調査や家計調査など公的機関の資料を活用します。また、こうした調査結果を地図に表記したり、欲しいデータを抽出できる専用ソフトを活用する方法もあります。こうした調査結果を活用することが、情報の精査や意思決定に素早く移ることができます。